豊胸手術を考えた方にとって、最も気になるポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)は手術にかかる料金となります。豊胸手術は美容整形と同じ扱いになる為、残念ながら健康保険適用外の施術となってしまいます。保険適用(国民健康保険と厚生年金保険が一般的ですが、それ以外にも船員保険など複?の種類があります)外といった面をプラスに考えると、クリニックによって豊胸(自分よりも実力やキャリアがある人と仕事をする時に、「借りる」なんてよくいいますよね)手術の金額が変わってきますから、一番安くて腕がいいと言われているクリニックを見つければいいということですね。とはいっても、実際のところは、今のバスト(大きさ、形が気にならないという女性はまずいないのではないでしょうか)の状態・豊胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)手術の方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)・希望のバスト(ほしのあきは専用のエステに通って維持しているそうですよ)などによって、その料金には個人差が出てきてしまうものです。その為に、単純に比較することは難しいですし、一概にこれだけの金額が掛かりますともいえません。でも、おおよその目安となる料金を知るのみでも参考にはなるでしょう。例えば、持続期間が半永久的で、安全性も高いという名前の「プロテーゼ挿入法」と言う手段がありますね。これは脇の下の目立たないシワ部分を切開してバックを入れる方法なのですが、本格的な豊胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)手術になるので、平均的に見ても約70〜100万円程度の手術出費がかかるになるかもしれません。その上、中に挿入するバックがシリコンだったりしたら、ますます金額は高くなります。異物反応などがあまり見られず安全だと言われている「脂肪注入法」ですと、自分で自分の体の脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)吸引を行ってその脂肪をまた自分の体内に注入する訳ですから、吸引と注入の費用がかかってきます。どっちも平均で30〜40万円程度の費用は掛かるので、合わせて60〜80万円程度かかると見ておいた方がいいでしょう。上記の2つの手術よりも簡単に行えるのが、「ヒアルロン酸(保湿、弾力の維持、摩擦の軽減などの働きがあります)注入法」です。これは注射器でヒアルロン酸を注入するという方法なので、費用は約45万円程度で済みます。他の2つに比べると金額的に安く感じてしまうかもしれませんが、この方法ですと持続期間が約2〜3年といわれているので持続期間が短いですー